top

グルテンフリーの基礎知識|注目されている理由や、体への影響は?

グルテンフリーの基礎知識|注目されている理由や、体への影響は?

専門店やカフェなど、日常的に目にする機会が増えてきた「グルテンフリー」というキーワード。

芸能人やモデルの中でも実践している人は少なくないことは知ってるけど、グルテンフリーのことはそもそもよくわからない。
そんな方に向けて、グルテンフリーの基礎知識をまとめました。

グルテンフリーとは

グルテンフリーとは、グルテンを含む食品を摂取しないようにするライフスタイルのこと。

私たちが普段よく口にするパンやパスタなどは、小麦粉が主原料です。小麦粉には「グルテニン」と「グリアジン」というたんぱく質が含まれているのですが、小麦粉に水を加えてこねることで、この2つが絡み合い「グルテン」になります。

グルテンには食品をふっくらさせたり弾力を持たせる性質があり、パンやケーキなどのお菓子のやわらかさはグルテンによって生み出されています。

なぜグルテンフリーが注目されているの?

グルテンフリーは、その生活への影響から食意識の高い人々から支持されています。

そもそもグルテンフリーは、セリアック病患者の食事療法として開発されました。セリアック病とは、グルテンを摂取することで腸の細胞が破壊されてしまい、腹痛や倦怠感など様々な不調が出てしまう病気です。

日本ではセリアック病患者は多くありませんが、小麦アレルギーを患っている人は必然的にグルテンフリーを実践していました。

そして、近年ではセリアック病や小麦アレルギー患者ほどではなくても、グルテンを摂取することでちょっとした倦怠感や頭痛を引き起こしてしまうグルテン不耐性の人が多くおり、気づかずに生活していることがわかってきました。

慢性的な不調の原因がグルテンで、グルテンフリーを実践することで体質が改善したり、肌がきれいになった人たちがたくさん出てきたので、グルテンフリーは食や健康意識の高い人に支持されることとなりました。

グルテンフリーのメリット

グルテンフリーの一番のメリットは、体質や肌質の改善が期待できることです。

グルテンが体質に合わないことに気づかずに生活している人は少なくなく、グルテンフリーを実践するだけで体調が良くなったり、肌荒れが少なくなったと感じる人がたくさんいます。

また、依存性の高い小麦を摂取しないことにより、食べ過ぎを防ぐ効果も期待できるとも言われています。

グルテンフリーのデメリット

私たちの身の回りは小麦が含まれる製品で溢れかえっており、グルテンを摂取しないようにすることはかなり難しいと言えるでしょう。

グルテンの摂取量を減らしただけでも効果を実感する人も多いため、ストイックにグルテンを避けるのではなく、極力小麦製品を選ばない、という程度のゆるいグルテンフリーを実践している人がほとんどです。

そして、グルテンフリーの最大のデメリットは、おいしいものが食べられないということです。

パンやピザ、ケーキなどのおいしさの源は、グルテンです。グルテンの含まれない米粉パンや米粉のヌードルは、小麦のものと比べるとどうしても味が落ちてしまいます。

しかし、最近は加工技術が発展してきたこともあり、年々おいしいグルテンフリー食品が増えてきています。

コメルでも日々スイーツの材料や加工方法を見直しており、おかげさまで小麦のスイーツよりもおいしいと言っていただけることも増えてきました。
遠方にお住まいのグルテンフリーを実践している方や小麦アレルギー患者の方からも、ご利用いただいております。

また、チョコレートやゼリーなど、もともとグルテンが含まれないスイーツもたくさんあるので、ぜひ一度グルテンフリーをお試ししてみてください。

コメルのグルテンフリースイーツ


公式インスタグラム